松本文明 近況報告(IR関連法案)2017.2.17収録

【動画要旨】「ギャンブル等依存症対策基本法案」統合型リゾート(IR)整備推進法の関連法案

前国会で成立したIR法案というのは、カジノ場を含む総合的・複合的な娯楽施設の建設を希望されている地方自治体の要望に応えて、それができる道をしっかり探るようにという基本法といいますか、「政府が責任を持って必要な法律を作りなさい」というものです。
実際にこうした複合施設をつくる場合に、カジノの占める割合をどの程度に抑えるか、他の娯楽施設、買い物、飲食といった施設とどのようなマッチングをするかといったことについて、一年以内にこの法案をつくりなさいということでして、政府で法案作成にとりかかったばかりです。

国民やメディアの皆さんから寄せられた不安は、すでにギャンブル依存症になって生活が崩壊している方々の治療をどう進めていくのか。そして、カジノができたためにギャンブル依存症が増えて深刻な事態になるのではないか?ということです。
これはあってはならないことですから、競馬、競輪、ボートといった公営ギャンブルや、大衆娯楽であるパチンコ等々に親しむ中で依存症にかかった人たちをどう救うかということを含めて、専門家や治療に取り組んでおられる方々、依存症の方々、あらゆる分野から専門知識を動員して、政府が今、検討を重ねているのが現状です。

松本文明オフィシャルホームページ
http://www.f-matsumoto.net/