石破氏、IR汚職事件は「国会審議で明らかにすべき」(20/01/01)

自民党の石破元幹事長はカジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件について、国会での説明が必要だという認識を示しました。

 自民党・石破元幹事長:「国民に向けて説明する場が裁判だけで良いはずはないので、国会審議を通じて明らかにすべきことは明らかにしていかねばならない」
 石破元幹事長は初詣に地元の鳥取市内の神社を訪れ、記者団の取材に応じました。石破元幹事長はIR事業に関して「そもそもの意義が国民に疑念を持たれないようにしないといけない」と述べたうえで、国会での審議の必要性を強調し、国民への理解促進の努力を政府に求めました。また、国会では予算の審議に影響しないようにIRに関しては別途、審議時間を確保するべきとの考えを示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp