吉村知事「反対派の意見も踏まえ取り組む」IRの賛否問う住民投票条例案否決 大阪府(2022年7月29日)

IR(カジノを含む統合型リゾート)の賛否を問う住民投票実施の条例案が大阪府議会で否決され、吉村知事は「反対派の意見を踏まえて取り組んでいく」と話しました。

 大阪府と市が「夢洲」への誘致を進めるIRをめぐっては、市民団体がギャンブル依存症などの問題からその賛否を問う住民投票の実現に向けた署名活動を実施。府内の有権者の50分の1を上回る有効な署名19万2773筆が集まりました。

 これを受けて府議会は29日、住民投票の実施に関する条例案について議論しましたが、維新や公明、自民の反対多数で否決しました。この結果に、吉村知事は次のように話しました。

 (大阪府 吉村洋文知事)
 「課題の部分については正面からより強く取り組んでいきたいと思います。プラスの面、経済の成長だったり様々な雇用促進だったり、非常に大きな効果もあるので、その情報発信もやっていきたい」

 IR誘致については現在、国で認可に向けた審査が行われています。

▼MBS NEWS HP
https://www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#IR #カジノ #住民投票 #条例案 #否決 #大阪府