秋元議員、無罪主張 IR汚職、証人買収初公判 東京地裁

秋元議員、無罪主張 IR汚職、証人買収初公判 東京地裁

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われた衆院議員秋元司被告(49)と、収賄罪に問われた元政策秘書豊嶋晃弘被告(42)の初公判が29日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)であった。

 秋元被告は起訴内容を否認し、無罪を主張した。