IR汚職事件受け 事業者との接触に関するルール検討(20/01/25)

カジノを含むIR(統合型リゾート)を巡る汚職事件を受けて政府は事業者との接触に関するルールを検討します。

 IRを巡る汚職事件を受け、事業者の監督を行うカジノ管理委員会は「事業者と面談する際のルールが必要だ」と指摘しました。これを受けて政府は、カジノ事業者が大臣ら政務三役や公務員などと接触する際のルールをIRの整備に向けた基本方針に盛り込むため、具体的な検討を進める方針です。今月末に予定していた基本方針の決定は来月以降に先送りされる見通しです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp