「カジノ法」の真意 「IR」が観光立国と地方創生を推進する

内容紹介
カジノ法が可能にする「日本の成長戦略」の姿

カジノ解禁が、なぜ日本の「成長戦略」になるのか? 衆議院議員で「IR議連」幹事長の著者が、その疑問に答える。
カジノ法は、単にカジノの開設を認めるものではなく、「IR」と呼ばれる「統合型リゾート」の形で開設を認めるもの。IRとは、一般的に不採算になりやすい国際会議場や国際展示場に、ホテルやアミューズメントパーク、ショッピングモール、そしてカジノなどのエンターテインメント施設を併設したものをいうが、IRがあることで海外から国際会議や展示会を誘致できるようになり、それによって商用客から一般客まで幅広い観光客の獲得も可能になる。一例として2010年にシンガポールにオープンしたIRも成功例などを紹介する。
さらに「カジノを含むIR」によって、日本の観光立国化、そして地方創生の推進につながることを具体的に示す。カジノ法が、日本がこれからも成長を続けていくためのひとつのツールになることを解説していく。

新書: 208ページ
出版社: KADOKAWA; 初版版 (2016/10/3)
言語: 日本語
ISBN-10: 4047319600
ISBN-13: 978-4047319608
発売日: 2016/10/3
梱包サイズ: 17.2 x 11.8 x 1.4 cm