IAG Japan discusses the race to develop integrated resorts in Japan IAG Japan – 日本の統合型リゾート開発レースについて

The race to develop integrated resorts in Japan is hotting up in 2021 with local governments selecting their partner operators for joint submissions to the national government in late 2021 or early 2022. Inside Asian Gaming’s Andrew W Scott and Bay City Ventures’ Joji Kokuryo take a full “around the country” look at candidate locations and operators, and discuss the various factors affecting each. Topics discussed include Osaka, Yokohama, Wakayama, Nagasaki, Hokkaido, Nagoya, Tokyo, MGM, Sega Sammy, Genting Singapore, Melco Resorts and Entertainment, Galaxy Entertainment, Hard Rock, Suncity, Clairvest, Casinos Austria, One Kyushu, Oshidori with Mohegan, Current and Get Nice, Niki and Parkview and the effect of the country of origin of candidate operators on the race.

各自治体が2021年後半から2022年前半に行われる区域整備認定申請に向けてパートナー事業者選びを始め、日本の統合型リゾート開発レースが激しくなってきている。インサイド・アジアン・ゲーミングのアンドリュー・W・スコットとベイシティーベンチャーズ(株)・國領城児氏が候補地と事業者について全国調べ、それぞれに与える様々な要因について討論します。議論されるトピックには、大阪、横浜、和歌山、長崎、北海道、名古屋、東京、MGM、セガサミー、ゲンティンシンガポール、メルコリゾーツアンドエンターテインメント、ギャラクシーエンターテインメント、ハードロック、サンシティ―、クレアベスト、カジノオーストリア、ONE Kyushu、オシドリとモヒガン、カレントとゲットナイス、ニキとパークビューについて、また各候補事業者ーの出身国がレースに与える影響について討論しています。