韓国初の統合型リゾート・パラダイスシティに遊園地「WONDERBOX」が開業! テーマは“夜の遊園地” (4/2)

韓国初の統合型リゾート・パラダイスシティに遊園地「WONDERBOX」が開業! テーマは“夜の遊園地”

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2019/0402/10232297.html

北東アジア初の統合型リゾート(IR)「パラダイスシティ」にファミリー向けエンタテインメント施設、ワンダーボックス(WONDERBOX)が2019年3月31日にオープンした。仁川国際空港から3分という至近距離に誕生した屋内型遊園地として今後の韓国観光の新たなディスティネーションとして期待される。

 施設内は世界的に著名なデジタルアート集団「Moment Factory」が空間演出を手掛けている。幻想的な夜の雰囲気を感じられ、大人から子どもまで直感的に楽しめるまさに「インタ映えスポット」が一面に広がる。多彩なメディアアートや観覧車、メリーゴーランドといった定番アトラクション、「ルナ・カーニバル」というアクロバットショーなどコンテンツは充実しており、非日常の世界が広がりを見せる。

 ワンダーボックスは月~金曜日が10:00~21:00、土、日曜日と祝日が10:00~22:00の営業。入場料は大人28,000ウォン(約2800円)、子ども20,000ウォン(約2000円)。パラダイスシティカジノカードの所有者には別途割引が適用されるなどIRならではの料金設定になっている。施設内にはその他にもスパやクラブ、カジノ等のエンタテインメント施設が揃い、韓国でも特色あるIRとして成長を続けている。