大阪IR 国が区域整備計画の申請書類を受理 年間2000万人の入場者見込む

大阪府はカジノを含む統合型リゾート=IRの区域整備計画を国に申請し受理されました。

大阪府の吉村知事は、IRの区域整備計画の申請書類を国に提出し、27日受理されたと発表しました。

初期投資額が1兆800億円の大阪のIR計画は大阪市の夢洲で、2029年の開業を目指していて年間2000万人の入場者を見込んでいます。

国は、全国で最大3カ所のIR整備を想定していますが、和歌山県が議会の反対で申請を断念し誘致を目指すのは大阪と長崎の2カ所にとどまっています。

【大阪府・吉村知事】
「大阪の経済活性の大きな原動力になると思う。着実にルールに基づきながら進めていきたい」

今後、国の委員会による審査を経て、大阪府の想定では今年秋以降に区域認定の可否が決まります。

カンテレ「報道ランナー」2022年4月27日放送
関西のニュースをお届けします!【カンテレNews】https://www.ktv.jp/news/
チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/ UCQhaZjODkIjuv38d-i5TVRw?sub_confirmation=1

#大阪 #IR #区域整備計画 #統合型リゾート #カジノ