【中継】和歌山IR 住民投票の行方は?

IR=統合型リゾートの誘致の是非を問う住民投票で揺れる、和歌山市議会。
1月27日午後、採決が行われました。
今回議論されたのは「IR誘致の是非を問う住民投票を行うかどうか」という点でした。
市民団体などが「IR誘致という重要な事柄に住民の意見を反映してほしい」として、住民投票の実施を目指す条例を作るよう、市議会に求めていました。
それを受けて、1月27日審議が行われ「なぜ今の時期に住民投票をするのか」「和歌山市ではなく、県に問うべきではないか」といった意見が議員からは上がりました。
そのあと採決が行われ、条例案は反対多数で否決。
住民投票は実施しないことが決まりました。
和歌山市南部の人工島、マリーナシティに和歌山県が誘致を目指しているIR。
開業予定は2027年以降。
カジノを含む統合型リゾートで国際会議やホテルなどの施設が建設されます。
住民投票は実施しないものの反対派の住民や市民の声をどう汲み取っていくのか。
和歌山県とIR事業者が進める計画づくりの行方が注目されます。

#IR誘致 #和歌山IR #和歌山市議会 #住民投票 #和歌山県 #マリーナシティー #カジノ #統合型リゾート #経済波及効果

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
やさしく・わかりやすくお伝えする「やさしいニュース」や
スポーツ、日本経済新聞社とのコラボ企画など日々、配信中!

【チャンネル登録】
https://www.youtube.com/c/tvosakanews/?sub_confirmation=1

【SNS】
▶Twitter   https://twitter.com/tvosaka_news
▶Facebook  https://www.facebook.com/tvosaka.news.fb
▶TikTok   https://www.tiktok.com/@tvonews