IR誘致の是非問う住民投票署名『10日間で10万人分増加』必要な約15万を達成(2022年5月26日)

大阪府・大阪市が誘致を進めるIR(カジノを含む統合型リゾート)について、誘致の是非を問う住民投票に賛同する署名が必要数に達したと市民団体が発表しました。

 5月25日夜のJR大阪駅前。市民団体が大阪のIR誘致の賛否を問う住民投票を求める署名活動を行っていました。大阪府と市が誘致を目指すIRをめぐり、大阪府は今年4月に国に区域整備計画を提出して、国からの認定待ちです。

 山本啓一郎さんは、父親がギャンブルにのめり込み辛い子ども時代を送った経験から、署名活動に参加しています。

 (署名を呼びかける山本啓一郎さん)
 「大阪カジノを止める最後の最後の私たちの意見表明権を発揮するときなんです」

 住民投票を実現するには有権者数の50分の1=約15万人分の署名が必要で、署名を受け取った府知事が府議会に諮り可決される必要があります。しかし、5月8日時点で署名は4万8000人分で、必要な数にはほど遠い状況でした。署名活動は2か月間で5月25日が最終日。午後10時まで行われました。

 (署名した人)
 「カジノという大きなギャンブル施設を造るにあたっては、大阪市民の意見を聞いてからで良いのではないかなと思って署名しました」

 そして5月26日、市民団体によりますと、わずか10日間で10万人分増え、必要数を上回る約15万7000人分の署名が集まったということです。

 (住民投票もとめる会 山川義保事務局長)
 「ほっとするし嬉しいです。カジノ問題を正しく捉えて自分たちが決めるということに対しての大阪府民としての強い意志があると感じます」

 署名は6月6日までに選挙管理委員会に提出され、有効だと認められれば、知事に住民投票条例の制定を請求することができます。

▼MBS NEWS HP
https://www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#MBSニュース #毎日放送 #IR誘致 #カジノ #統合型リゾート #是非 #住民投票 #署名 #大阪市 #大阪府