【IR実施法】IR誘致 地方加速、投資・雇用創出に期待 既存観光資源と連携課題

【IR実施法】IR誘致 地方加速、投資・雇用創出に期待 既存観光資源と連携課題.

マカオ最大級のIR施設「

ャラクシー・マカオ」のカ

ノ入り口(日野稚子撮影)

写真を拡大

カジノを含む統合型リゾー

施設(IR)実施法を見込

、立地に名乗りを上げる地

が誘致への準備を加速させ

いる。経済縮小に悩む地方

とって、IRがもたらす投

や雇用への効果は魅力的だ

ただし全国で最大3カ所に

か認められないIR建設は

都市との競合が予想され、

続き上のハードルも多い。

たIRへの来客を周辺地域

まで波及させるには、既存

観光資源との連携という課

も出てきそうだ。 「20

60代まで幅広い年代の約

0人が参加する予定。思っ

いたよりも関心が高い」。

州の財界団体、九州経済フ

ーラムの担当者は長崎県佐

保市で21、22日に開く

R運営について学ぶセミナ

への反応に満足げだ。 セ

ナーのテーマは「国際統合

リゾート経営管理学」。カ

ノやイベントの財務会計や

営管理などの講義メニュー

並び、世界的なIR都市で

る中国・マカオのマカオ大

工商管理学院の教授らが話

。 佐世保はIR誘致を目

す地域の一つ。地元の有識

会議は今年4月の試算で、

R計画が進めば建設中の経

波及効果(九州圏)は約3

00億円にのぼると推計。

営開始後は年間740万人

訪れ、経済波及効果は約2

00億円と見込む。約2万

千人の雇用創出も期待する

人口減少が続く長崎県は県

所得も低迷するが、東京よ

中国・上海や韓国・ソウル

近いという好立地でもある

県企画振興部の吉田慎一政

監は「若者への良質な雇用

提供と訪日観光の拡大に向

た効果を期待している」と

す。 ただしIR事業者は

益確保のため大都市圏を狙

ケースが多く、全国3カ所

うち「2カ所は大都市、地

は1つになる」(IR関係

)との見方もある。 誘致

目指す長崎県や北海道、和

山県などの地方都市には、

じく意欲的な大阪府や愛知

などの大都市は強敵。誘致

は実施計画立案やIR事業

の公募、議会同意などのハ

ドルもあり、自治体として

地力が試されることになる

またIRが訪日客の入り口

して機能し、周辺への送客

能を果たせるかは未知数。

R事業者は施設の稼働率を

げようと、独自のエンター

インメント興業などで誘客

る考えだが、かえって観光

をIR内に閉じ込めかねな

。 このため実施法はIR

日本の文化や芸術を生かし

「観光の魅力増進施設」や

送客機能施設」を作ること

要求。PwCコンサルティ

グの寺田匡宏シニアマネー

ャーは、ネット検索で見つ

るような情報ではなく、「

歩踏み込んだ情報を提供で

る地元を知る人材をIRに

置できるかどうかが鍵だ」

している。(日野稚子)

Don’t forget to like and subscribe!
———————————————————–
Music used in the video:

Song: Culture Code – Make Me Move (feat. Karra) [NCS Release]
Music provided by NoCopyrightSounds.
Video Link: https://youtu.be/vBGiFtb8Rpw
Download: http://NCS.lnk.to/MakeMeMove
———————————————————–

#【IR実施法】IR誘致 地方加速、投資・雇用創出に期待 既存観光資源と連携課題 #【IR実施法】IR誘致 地方加速、投資・雇用創出に期待 既存観光資源と連携課題